Archives: 未分類

カップルプラン

カップル次に、二人での引越しに使えるプランについて見てみましょう。カップルプランと呼ばれるこのようなプランは、文字通り、夫婦などカップルで引っ越す場合にも使えるのですが、それとはまた違った形の引越しに使えるプランもあります。例えば、結婚や同居など、引っ越すふたりが別々の場所から同一の新居に移る場合です。双方の現住居に立ち寄って荷物を積み込み、新居に運ぶといったサービスが提供されています。

出発点が違う2つの引越しを別々に行うのではなく、1台のトラックで2か所を回ることでコストを抑えることができる他、ふたりのそれぞれが引っ越し業者と交渉する必要もなく、関係するスタッフの数も少なくてすみます。ふたり分の引越しを一度に済ませることができるので、例えば事後に費用を分担するというような場合にもスムーズに行うことが可能です。

また、立ち寄りプランとも呼ばれるこのようなプランでは、引越し先に向かう途中で「実家に荷物の一部を預ける」「家具を譲ってくれる友達の家に寄る」など、柔軟な引越しの組み立てが可能です。個人で運ぶのが難しい多くの荷物や大きな家具を、専門の業者に運んでもらうことができるのは安心ですよね。

少人数の引越しでも、料金がお得になるプランは用意されています。これらのプランを上手に使って、料金を抑えつつ、安心した引越しができるといいですね。


シングルプラン

コンテナ単身(ひとり)での引越しの場合は、家族での引越しに比べれば荷物は少ないのが一般的です。進学や就職、結婚など、人生の節目に関して引っ越す場合もありますが、仕事の都合で単身赴任をするなど、単身の引越しの需要は多いものです。

一般的な引っ越しの場合は、日時を決めてトラックや作業員を手配してもらうことになります。これに対して、単身向けの引越し(シングルプラン)の場合は、荷物がある程度少ないことを前提に料金を抑えています。また、荷物が少なく、決められたコンテナボックスに入ってしまう場合はよりリーズナブルな料金で引越しが可能になります。後者はシングルパックと呼ばれることもあります。業者によってはコンテナボックスのサイズも複数あり、単身の引越しでも荷物の量に応じて複数のプランが用意されています。荷物の量が少ない場合、業者が訪問して行う見積もりが不要なこともあります。

シングルプランを利用する他にも、引っ越し費用を抑えるためにできることはあります。まずは、引越しの日時を選ぶことです。年度末など、引越しの需要が増える時期を避けることができれば料金は安くなりますし、週末を避けて平日、それも週の半ばを選べばさらに料金を抑えることができます。単身での引越しであれば、なるべく料金の安い日を選んだ上でシングルプランを上手に利用するのが得策でしょう。

【関連HP】ファミリー引越センター


少人数での引越し

年の瀬が近づいてきました。新年に向けて、またその先の新年度に向けて、新しい生活を始める人が多くなる時期です。また、1年の中でも特にこれからの時期は、進学や就職など大きな節目を迎える人も多くなってきます。そういった生活の変化に伴って、引越しを考える人も多いことでしょう。

引っ越す人数が少ない場合、引越しの作業を個人で行うことも可能ではあります。ただ、荷物が比較的少ないとはいっても、生活のために必要なものはある程度ありますし、生活していればものは自然に増えていくものです。移動のための車を手配して慣れない運転をする、手伝いの人を手配して謝礼を払うなどの手間もかかります。また、引越しにあたっては現住居や新居の養生や大きな荷物の梱包など、配慮すべきことも多々あります。無事に引越しを済ませるためには、やはり少人数であっても専門の業者に依頼するのが安心でしょう。

トラックただ、専門業者に頼めばやはりお金はかかります。何かと物入りの新生活において、可能であれば手ごろな価格で引越しをしたいと考えるのは自然なことです。最近では、引越し業者のサービスは荷物の移動にとどまらず、不用品の処分、新しい家具や家電の購入や取り付け、インテリアの相談など多岐にわたっていますが、サービスの一環としてさまざまなプラン(パック)を提供しているところも多くなっています。ここでは、少人数(ひとりまたはふたり)の引越しの場合に利用できる、引越し会社のプランについてご案内します。