シングルプラン

コンテナ単身(ひとり)での引越しの場合は、家族での引越しに比べれば荷物は少ないのが一般的です。進学や就職、結婚など、人生の節目に関して引っ越す場合もありますが、仕事の都合で単身赴任をするなど、単身の引越しの需要は多いものです。

一般的な引っ越しの場合は、日時を決めてトラックや作業員を手配してもらうことになります。これに対して、単身向けの引越し(シングルプラン)の場合は、荷物がある程度少ないことを前提に料金を抑えています。また、荷物が少なく、決められたコンテナボックスに入ってしまう場合はよりリーズナブルな料金で引越しが可能になります。後者はシングルパックと呼ばれることもあります。業者によってはコンテナボックスのサイズも複数あり、単身の引越しでも荷物の量に応じて複数のプランが用意されています。荷物の量が少ない場合、業者が訪問して行う見積もりが不要なこともあります。

シングルプランを利用する他にも、引っ越し費用を抑えるためにできることはあります。まずは、引越しの日時を選ぶことです。年度末など、引越しの需要が増える時期を避けることができれば料金は安くなりますし、週末を避けて平日、それも週の半ばを選べばさらに料金を抑えることができます。単身での引越しであれば、なるべく料金の安い日を選んだ上でシングルプランを上手に利用するのが得策でしょう。

【関連HP】ファミリー引越センター


Comments are closed here.